スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知悉的学級閉鎖:03

「ねえキドウさん。今、あ、今っていうのは現在進行形、っていう意味よ。今、パンとご飯、私が貴方に恵んであげようと、貴方は選べるとしたら、どちらを食べる?」

私には朝がない。目を覚ますという感覚や、朝日に身を委ねたり、夜明けの冷たい空気を肺に取り込むといった経験がない。その時その場に適した格好で、毎日十一時ちょうどに覚醒する。
何故朝の記憶がないのか、どうして一刹那の狂いもなく十一時なのか。きっと永遠に解らない。個体としての私は短針が地面を指すころに活動を開始していて、私という概念のスタートラインは十一時なのだ。リアルには無条件に納得する他ない。
とにかく、だから、私にとってこの人のこの言葉が今日一日最初の他者からの情報だった。どう考えても喜ばしいことではない。長い懲罰房生活から解放され、意気揚々と独房に帰ると同時に看守に私的リンチを受けた囚人のような気分だ。

「はい?」
彼女は最初から私の返事を必要としていないようだった。そのまま唇を動かすのを止めない。
「お金か名誉、どちらかをあげるって言ったらどっちを選ぶ?」
「いい?大切なことよ。二択なの。選ばなくちゃいけないの」
彼女は私の目を見る。私は頷く。
「例えば貴方が今、子宮の中で排出されるのを待つだけの、自由意思を持つ卵子だとして、男と女、どちらの精子を望む?」
「それは、視覚的というか、感覚的なもので精子と相互作用する能力を持ち、認知したそれを受け入れるかどうか選ぶことが出来る特殊な卵子だったら、ということですか?私が」
「そういうことね」
「女です」
「どうして?」
「貴方にわからないわけないでしょう」
くくく、と彼女は意地の悪い笑いを見せた。あるいは今日初めての笑顔だったのかもしれないが、私には知る由もない。ヨットはヨットであり、ファックはファックである。
「そうねえ、じゃあ、天国と地獄だったらどっちに行きたい?」
「どちらもお断りしたいです、出来るものなら」
「どうして?」
「退屈も痛いのと同じくらい嫌なので」
数秒の沈黙の後、彼女は眉をひそめ、私の体を見回した。猜疑心の塊のような画商が品定めの時によくする目付きだった。まるで昨日の私と今日の私を横に並べ細胞レベルの差違を粗探しするみたいに。
「昨日はよく眠れた?  イマイチ貴方らしい、じゃない、貴方らしい返答が出来ていない気がする」
勝手に私にならないで欲しい。勿論そんな思いはおくびにも出さないように努める。
「朝食は抜いちゃダメよ。体に悪い。大切なことなの。私にとっても、貴方にとっても」
「はい。わかりました」
文字通り無味乾燥な音を捻り出すことしか、私には出来なかった。

「それじゃあ続き。お話の続き、生きるか死ぬか」
「どちらでも」
「勝つか負けるか」
「どちらでも」
「私か彼女」
「どちらも同じように愛しています」
彼女は微笑んだ。私はただ目の前の女性を見つめた。
「最後。この世界か、外の世界か」
私は一秒足りとも迷わずに即答した。今日は検証不可能な嘘を付き過ぎたようだ。体の中心を舌に乗っ取られてしまったらしい。
「私からも一つよろしいですか」
「ふむ」
「お嬢様は、この館から出てみたいとは思わないのですか」
猫のような瞳が私の首筋を貫いた。
「なぁに?私がその質問に答えれば、人種差別がなくなり、ニートが働きだし、戦争が終わるとでもいうの?」
二人きりの気まずい沈黙の中で、私はこの人がどうしようもなく嫌いなのだと気付いた。
そうして私は彼女と寝た。
スポンサーサイト

知悉的学級閉鎖:02

私ははぐれていた。月並みな表現を借りれば、生まれながらにして。
そんな私にとって、隠し事の出来ないこの世界は非常に都合がよかった。心の傷は見えて然るべきなのだ。暴力はどこまで突き詰めても無限に暴力でしかなく、それ以外の要素を持たないほどに暴力でしかない。私はその現実を嫌い、現実は私を締め出した。
だから私が今、背丈もほとんど変わらぬ同い年の女の子に給仕しているこの非現実的現実は、至極筋道が通ったものに違いない。私には判断がつかないけれど。





「戦争はお好き?」
彼女が口を開いた。
「…それは、あの戦争でしょうか?」
「貴方がどの戦争を想像しているかはわからないけれど、きっとその戦争。経済、政治、イデオロギー、宗教、倫理観、アイデンティティの違いを背景に始まる人類史上最も非生産的かつ非合理的な行いのこと」
私は彼女も嫌いだった。彼女の言語的センスというものを除いて。彼女が自らの持つ膨大な語彙の中から選び、整え、そして発せられる言葉が生み出すテンポ、リズム、イントネーション、それに伴う仕草や息遣いは、羊水に浮かぶ胎児のように私を落ち着かせた。胎児に意識という概念あるいはそれに準じるものがあれば、という話だが。
「質問の意味がわかりませんが…」
「そんな難しいこと聞いてる?貴方個人は戦争そのものに対してどう思っているのか。ただの三択じゃない」
彼女は私が答えを導き出すのを待ちながら、じっとこちらの眼を覗き込んでくる。体の中で左目と右目が神経で繋がっているイメージを脳内に流し込まれ、眼が二つあることを改めて再認識させられるような、不思議な感覚だった。
いつしか私は、この猫のように大きな瞳で見つめられることに性的な興奮を見出してしまうようになっていた。脈が早くなり動悸がする。胸が痛み股間に違和感を覚える。とても物を考えられる状態ではない。こういう時、私は偽らないことにしていた。
「戦争が好きだなんて人種は殺人マニアと武器屋さんだけです」
「そうそれが正解。それじゃあ核兵器は?あったほうがいいと思う?」
「根絶するべきだと思います」
「なぜ?」
「よくわからないうちに、よくわからない人達の都合で焼かれるなんて、たまったもんじゃありません」
今度も偽らなかった。私にしては珍しく一般受けする回答だったに違いない。そんなものは往々にして彼女には喜ばれないと決まっている。
「そうね。そこが貴方と私の違い。ひいては貴方の足りない部分。わかる?」
「どうして核兵器が必要だと?」
「だって地下鉄で迷っちゃうじゃないの。とても困るでしょう」
よくわからなかった。それで当たり前なのだ。ここは違う世界で、私は異世界人なのだから。
核兵器が存在することで東京メトロが快適に機能する世界。そこに論理付いた説明が加えられる世界。それが今私がいる世界。




私は違う世界からやってきた。この新しい世界には彼女しかいない。
この現実が好ましいものなのかどうか、私には判断がつかない。第三者が必要なのだ。

知悉的学級閉鎖:01

「人間は紅茶よりも複雑に出来ているものよ、大抵の場合はね」

ふいに、彼女はそんなことを言い出した。沈黙に浮かぶ微量の音符をかき集めたように薄く頼りなく、それでいてはっきりと私の聴膜を振動させるほどに透き通っている、不思議な声色をしていた。
「えー、それはつまり、貴方が言いたいのは、紅茶よりも単純な人間も、少なからず存在するということ」
私は尋ねた。彼女は答えた。
「この世で一番美しいのはいつだって犠牲者よ。ダザイオサムだって言ってたわ」
正直なところ、私は彼女があまり好きではなかった。彼女は、左脳から生み出されたばかりの言葉を、吟味や検討も無しにとりとめなく体外へ吐き出し、いつも私に(彼女にとっての、という意味で)適切なリアクションを要求してきた。そこに権利と意思の介入は許されず、私に出来るのは彼女の思惑に思考を重ねることだけだ。壁にでも話していればいいのに。きっと優しくしてくれる。
私が脳を働かせていた三十秒の間、彼女は答えを待ちながら自分の形の良い爪を見つめていた。その帰ってきた沈黙が心地良かったので私はもう三十秒考えるふりをし、それからこのセンテンスについて二回目の質問をした。今度は疑問符を付けるのを忘れなかった。
「それこそ紅茶を淹れてあげたらいいんじゃないですか? 気が静まるでしょ」
彼女は、通知表にAをずらりと並べた女子がするような嫌な笑い方で
「バカね、そんなことしたら錆びてしまうじゃないの」と言った。そうやって雲が減った。

tan(π/アイ)

部活動が出来ない文化祭準備期間に入った。今年はどこにも参加していないのでニート状態確定。
勉強する時間が増えたといえばそうなんだけど、運動しないと生活リズムが崩れる。特に僕は寝付きが悪いし。ジョギングでもするかなー。


10月の定期考査で学年上位50位くらいには食い込みたい…苦手な世界史日本史をどうにかしたら全然不可能じゃないんだけど。うおーーーー俺はやるぜーーーーーーー

非欠損少女

来年のコミトレに参加することになったかもしれないので、オリジナルのオムニバス本でも出してみようかなと。もう東方やだ。


とりあえず一枚描いてみた。
培養液の中でしか生きられない人工少女。手足がないのがデフォです。あってもしょうがないから。

ラグタイム・ショー

「どんなストーリーでも、主人公がラストで死んじゃったらバッドエンド」なんだったら、人生にハッピーエンドなんてなくなっちゃうじゃないですか。どう思います?村人Aさん。
プロフィール

さすらいまる

Author:さすらいまる
受験生/ポエマー/リアリスト/合理主義/相対主義/不可知論/多元論者

カウンタ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。