スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixi日記まんま

ミドリが解散したり後藤まり子がシーンを去ったりハジメ君のキーボードが聴けなくなったり物販で忙しそうにお釣りを捌く佐藤さんを見ることが出来なくなったりと色んなことが起こりましたね。いやミドリが解散してしまったんですよね

去年の12/30のラストライブ、後藤まり子がステージに立ったその瞬間から幕が降りるまでの間俺ずっと号泣してて。多分あの日世界の誰よりも「愛してる」って叫んでましたワタクシ

アンコールに応えて帰ってきた彼女は一年ぶりにセーラー服を着ていて、リキッドの観客700人に向けてこう言いました。




「今日は皆看取ってくれてありがとう。今日は僕の投身自殺や」




(多分)ワキガのおっさんと量産型木村カエラみたいな女子大生に挟まれながら、僕は、標高2m、アンプの上から飛び降りた彼女の左手を掴んで、やっぱり泣きました。汗と涙の区別なんて付かなかったから今思い返すと泣いてなかったかもしんない。吐き気と嗚咽にまみれながら、汗をかいてました。そういうことです。

彼女を見てるとジョンレノンを殺した青年の気持ちがわかってしまうから、恵比寿リキッド行ったことある人ならわかると思うんですけど、あそこ渋谷橋の真ん前でしょ、あっこから交差点に身を投げようかなって思ったんですけど、開場前にミドリの話で意気投合した女子高生さんと一緒に居たおかげで思いとどまりました。あの娘がいなかったら俺多分あの場で死んでたでしょう。それくらいどんぞこである意味高揚してましたはい



それ以来というもの、後藤まり子コンプレックスとでも形容すべきものが俺の中でどんどん大きくなっていって、今じゃ、結論から言うと、ミドリの音楽が一切聴けなくなってしまいました。聴こうとしてもイントロの時点でもう発作というか痙攣に近い症状が出ちゃって、ミドリ初体験、ミドリのライブDVDなんですけど、後藤まり子が客席に降り立つシーン見て吐いちゃったりとか、とにかくそんな調子なんです。



















っていう話をタワレコの店員さんにしたらですね、「こういうバンドもありますよ」ってこれ教えてもらいました。

THE××ズ(ザチョメチョメズ)っていうんですけど、記名性の高いズンと響く低音ハスキーボイスと圧倒的センスを持ったヴォーカルとかエイトビートにスリーコードとパンクの王道を行く音構成とかネジのぶっ飛んだキャッチーな歌詞とか切なくなるくらいポップでそれでいてブルーハーツやハイロウズの直系とも言えるメロディとか平均年齢18歳とは思えないほど高い演奏能力とかとにかく素場らしいバンドですねこれは。
この文章も随分推敲したんだけど、とても彼らの魅力を言い表せていないっていうか、とにかく一回聴いてみたらわかりますって。二十八分のミニアルバム一枚1500円です。これ買わないで何買うっていうんですか!!!!!


ベースのあんどりゅーさんにメールしたら近いうちに京都行く予定あるのでお会いしましょうってことだったので今のうちにサイン貰っときます。今後の日本のロックシーンを引っ張っていくのはこの人達です間違いなく。黙って買え。(紙ジャケだし痛むの怖いから)貸さんぞ




あとなんか友達にねごとのHello "Z"貸したらアホみたいに好評で、こういうの自分はなんも凄くないけど嬉しいですね。好きなことは語れるようにしておきたいし、それで自分を語れたなら素敵じゃないですか

うんあと洛星のお前らにはとりあえず銀杏勧めることにしてる。非モテ非リアで彼女なし=年齢万年童貞の象徴とも言える僕ら洛星の生徒には、一人一枚、君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命の購入を義務付けるべき。そしたらもうちょっと雰囲気まともになります





こんなもん。ネットサーフィン(笑)してからオナニーして寝ます。おやすみかん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さすらいまる

Author:さすらいまる
受験生/ポエマー/リアリスト/合理主義/相対主義/不可知論/多元論者

カウンタ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。