スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由少女の愛

mixiリア友垢で書いたものに、適宜加修正を加えて。




高校二年生になります。正直あんまり嬉しくなくて、十七歳ってまさに人生の絶頂期っていうか、黄金時代的なイメージが強くてしんどい。

このまま十七歳になれば、大槻ケンヂだとか矢口史靖だとか恩田陸だとか、全てのボンクラ共へ捧ぐ系青春群像劇的作品から青春を送ることを強要されている気分のままもがき続けてしまう羽目になる気がする。

被害妄想強いと言われればそれまでだけど、この世に存在する全てのものに啓蒙と問題提起が含まれていなければいけない、なんてことはあってはいけない。

理由もなく挫折したりわけもわからずギブアップしてしまう人間は少数ながら確実に存在して、彼ら(僕ら)に対して価値を認める「べき」と言えるもの、道徳・正義を見本として提示することにどれだけの意味があるのか。

「べき」を言えるのが善であり正義のみである以上、正義でないような美は全て「べき」を要求できず、「べき」を要求できない美は全て自由且つ多様に感じられてしまう。美観が個々人の何に依るものか、という話は後述するとして、これは美学を語る上で非常に大事なことだ。

様々なコンプレックスを抱いて歪んだ人間に常識・倫理観を説明するということは、家族を失い神様以外の依り代を持たない人間を「一神教では世界中の人間は救えないから、考え尽くして君だけのオリジナルの神様を哲学してね」と放り投げることに等しい。


発言権なき弱者としての立場に立て言えば、「自己責任」とは鬼のような言葉だ。リテラシーと相対主義を追い求めたあとの結果論に僕達の日常は振り回されている。どうしようもなくなった人は

「俺には努力する才能がない」

と自己弁護しよう。これ超オススメ。経験者は語る






俺が高校二年生になるということは、今年もまたたくさんの女子高生がいなくなってしまうということです。
極度の女子高生ひいてはセーラー服コンプレックスの俺としてはこれはあまりに忍びなく、彼女達がもう二度と袖を通さない制服を売り払い、フェイスケアやスタイリング、洋服にお金をかけることを覚えるかと思うともう我慢の限界だ。
リアル女子高生のマイミクも一応いるのでその魅力についての長々とした解説は割愛します。もう十分引かれてるけど。


んで、程度の違いはあれど、ほとんどの男は可愛い女の子がセーラー服を着ていたら美しいと感じる。セーラー服には清純素朴純粋儚さ、そしてほんの少しのエロスといった日本人男性に受けるテクストを含んだ唯一のものだからだ。ひらりとゆれるタイは危うくて歯痒い。可憐でいて強くて脆い。戦っても戦わなくてもギターを弾いていても泣いていも呼吸をしていなくても、セーラー服を着た少女は美しい。
それでも、セーラー服を支持しない層は確実に存在する。個人的な考えを言わせてもらうと、二元論で人間を語るやつはロクでもないというのが持論の僕だが、セーラー服を嫌いだというやつは頭が狂っている。それか両親を殺し恋人を切り刻み逃げてきた詐欺師野郎に違いない。

一旦さておき、今まで、美観というものは動物としての本能に起因し機能性実用性を重視する傾向にあると考えてきた。大多数の人間は重心の高い長い足を好み、たくましい腕に惹かれ、生存能力の長けた整った顔立ちに憧れるからである。

しかし、どうもその主張は変えざるを得ないようだ。セーラー服非絶対主義に学ぶ、美は相対的であるということが意味するのはどこまでも、芸術は多様且つ自由に多様且つ自由な価値観を目的として創造され多様且つ自由な人に多様且つ自由に受容され、多様な感動を引き起こし、多様な充実・快感・成長を引き起こす、という事でしかない。

倫理学は行為に依拠し、論理学は知識に依拠している。それなら美学は芸術に依拠しているのではないだろうか。それは同じ事ではないのだろうか。
美観とは各々の経験アイデンティティ主張主義、あるいは各人の周囲の文化によって決定されうるかつそれでいて不定形だという唯一の存在なのだ。全ての人間が同じものでない故に相対的に個性というものは存在しえないというように、芸術に高尚も低俗もなく、ただただ多様の中の統一を目指すものでなくてはいけないんだなーーーーーーーーー




とか考えていたら春休みが終わりました。










明日から、あと二十分で、僕は高校二年生になります。さようなら少年の僕
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さすらいまる

Author:さすらいまる
受験生/ポエマー/リアリスト/合理主義/相対主義/不可知論/多元論者

カウンタ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。